So-net無料ブログ作成

ペットの迷子対策に「ワンにゃんバー」 [ペット]

ペットとして飼っている犬や猫などの小動物が迷子になってしまって見つからない、という悩みは、ペットを買っている人ならば経験したことが少なからずあるといっていいトラブルでしょう。

しかし、このペットが迷子になった時の悩みを予防・解決する手助けになるかもしれないサービスが始まっています。

それがNTTコミュニケーションズが提供している「ワンにゃんバー」というサービスです。

この「ワンにゃんバー」とは、わかりやすくいえば、転送用の電話番号みたいなもので、これをペット用に一つ持っておいて、その電話番号を書いたものをペットの身体に装着しておけば、迷子になった時でも、ここから連絡してもらえる可能性があるというものです。

これが自宅の電話番号だと、多くの人に知られることにより悪用される危険性がありますが、「ワンにゃんバー」のナンバーならば、そこにかかったものが自宅の電話に自動的に転送されるという仕組みなので、自宅のプライバシーを守ることができて、安心してペットの身体に装着できるシステムとなっています。

そういうわけで、自分なら、「ワンにゃんバー」をどのように使用するかといえば、下記写真のような迷子札(ペットタグ)をペットに着用させて使用します。

ペットタグはぱっと見て誰でも「ワンにゃんバー」のナンバーを識別することができますから、わかりやすい、というところが大きなメリットだと思います。

また、ペットの体内に埋め込むマイクロチップに「ワンにゃんバー」のナンバーを記録しておく方法もあるようで、これもかなり便利なようですが、ペットタグでの使用に何か不都合があったときには、使ってみたい方法です。

それ以外では、旅行などでペットをどこかに預ける必要があるときでも、自宅の電話番号を教えたくない時には、預け先に「ワンにゃんバー」の番号を教えておけば、自宅のプライバシーを守ることができるので、そういった利用法も機会があれば試してみたいと思っています。

このようにいろいろな利用法が考えられる「ワンにゃんバー」について詳しくは、サイトの方に一度アクセスしてみて内容を確認してみて下さい。

この記事の内容は プレスブログからの情報です

タグ:ペット
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 2

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。