So-net無料ブログ作成
検索選択

ポイントサイト・ドル箱のゲームでポイント獲得攻略法 [ゲーム]


現金獲得型ゲーム
ドル箱!

ポイントサイトのドル箱は、会員登録や買い物でポイントを稼ぐだけでなく、ゲームで稼ぐこともできます。

ドル箱のゲームコーナースロットマシンやポーカーがあってかなり本格的なものです。

ただし、ゲームで稼ぐには、最低ドル箱のドルを300貯めないとポイントに交換してもらえません。

そこで、攻略法としては、25ゲームコインで250ドルと交換なので、ここであと50ドル上積みすればポイントと交換できます。

自分がよくやるのは、スロットで、手持ちに200ドル以上ある時は、スロットマシンをやります。

ドル箱のスロットマシンはチェリーなどがやたらと出たりして、急に70~80ドルくらい増える波がよくあるので、意外に簡単に300ドル貯まります。

自分の場合は300ドル貯まればさっさとポイントに交換してしまいます。

つまり手持ちのドルがたっぷりあるうちにスロットマシンでちまちま増やしてしまうという方法です。

攻略法というと大げさですが、これがいつも自分がやっているやり方です。

他にもドル箱はクリックだけでもらえるポイントが毎日あるし、現金交換が300円からできるのが魅力です。


楽天で1%☆ヤフーショッピングで2%!絶対お得★ドル箱★



nice!(0)  コメント(0) 

THQジャパン発売ワイルドなクライムアクションゲーム「Saints Row2」の一般公募CM動画受賞作品 [ゲーム]


最近ゲーム業界では、ワイルドなゲームが欧米で続々大ヒットしているというニュースをよく目にします。

格闘技が常に根強い人気をキープしていることから見ても、野生的な荒々しさの中に人類共通の魅力があるのかもしれません。

そして、今日紹介する「Saints Row2」もワイルドな設定が魅力のクライムアクションゲームです。

しかし、「Saints Row2」はただ単にワイルドなゲームというだけでなく、目を奪われるような見事な映像も一見の価値のある作品です。

この作品の、まるで映画を見ているような精密な映像にはどきっとさせられるものがあります。もうゲームもかなり実写に追いついてきたということを実感させられるゲームでもあると思います。

ゲーム内容としては、「Saints Row2」は前作「Saints Row」の流れを引き継ぎ、主人公がギャングと戦って街を取り戻そうとするストーリーになっています。

Saints Row2」の舞台となっているのは、刑務所と原子力発電所が建つ架空都市スティルウォーターで、ここを舞台にしてさまざまな戦いが繰り広げられていきます。

本作では、キャラクターカスタマイズがより進化し、キャラクターの整形はもちろん、性転換などもできるようになっています。

そして、「Saints Row2」を発売しているTHQジャパンが、CM動画を一般から公募しました。それらの中で受賞作の一つを貼り付けておきます。

作品名「「Saints Row2」だぜメ~ン」

この作品は、前半で不良が口論する様子を面白く描いたオリジナルなアニメ動画、そして、後半では「Saints Row2」の要点をきっちりと押さえて紹介しているところが、完成度が高く気に入りました。

一般公募CM動画は自分のオリジナル部分か、商品の紹介のどちらかに偏ってしまう作品が多いような気がするのですが、「「Saints Row2」だぜメ~ン」では、両方がバランスよく配分されているところが、個人的にとても気に入った部分です。

なお、「Saints Row2」の詳しいゲーム内容については、一度サイトに飛んで迫力のゲーム展開をムービーなどで体感してみて下さい。

nice!(0)  コメント(0) 

バンダイナムコゲームス発売「FRAGILE~さよなら月の廃墟~」は近未来の廃墟となった世界が舞台のRPG [ゲーム]


ここ数年、廃墟ブームというものが起こって、みんなで廃墟となったホテルを探検したり、廃墟写真集が話題になったりしましたが、このたび、廃墟を舞台にしたRPGがバンダイナムコゲームスから発売されることとなりました。

ゲーム名は、「FRAGILE~さよなら月の廃墟~」で、任天堂Wii用のソフトです。

FRAGILE(フラジール)」とは、人類がほとんどいなくなってしまった近未来の世界で、生き延びたわずかな人々たちが廃墟をさまよいながら、何かを求めていくRPGです。

ゲームのイメージについては、バンダイナムコゲームスが「FRAGILE(フラジール)」のCM動画を一般から公募して入賞したものを下記に貼り付けておきますので、参考にしてください。

作品名「FRAGILE

受賞作品は他にも数本あったのですが、この作品「FRAGILE」が一番無難にまとまっているように思えたので、貼っておきます。

やはり、「FRAGILE~さよなら月の廃墟~」のことを全然知らない人にも、イメージがぱっと伝わるCM動画でないと意味がないのですが、この動画を見れば、ゲームのイメージはなんとなく伝わると思います。

しかし、「FRAGILE~さよなら月の廃墟~」の荘厳な廃墟映像については、一度実際にサイトに飛んで確認していただきたいと思います。

人もいないのに動き続ける山奥の廃墟のダム、誰もいない遊園地、無人の地下鉄駅施設など、見ているだけで背筋がぞくぞくしてくるようなシーンが「FRAGILE~さよなら月の廃墟~」にはたっぷりと詰め込まれています。

廃墟に興味はあっても探検は怖くて行く度胸のない人も、この「FRAGILE~さよなら月の廃墟~」をプレイすれば、冷たい空気が一面に漂う廃墟の雰囲気を存分に味わうことができると思います。

nice!(0)  コメント(0) 

シムシティ生みの親ウィル・ライト氏が発表の生命シミュレーションゲーム「SPORE(スポア)」 [ゲーム]


シムシティ」といえば、かつて世界中で大ヒットしたゲームでその名前を聞いたことがある人も多いと思いますが、このたび、シムシティの生みの親であるウィル・ライト氏が、また新しいシミュレーションゲームを発表しました。

それが、2008年9月5日発売の「SPORE(スポア)」というゲームです。

SPOREの内容を簡単に説明すると、自分自身でクリーチャー(生物)を創造して、それを進化させて、惑星に新たな生命共同体のようなものを築き上げていくゲームです。

もちろん、進化の過程では他のクリーチャーとの戦いがあったり、協力があったりと、生物の進化の過程をシミュレーションで見るような楽しみがあるゲームです。

そして、SPOREでは、進化の段階に応じて、細胞ステージ、クリーチャーステージ、集落ステージ、文明ステージ、宇宙ステージというような各段階があります。

私が個人的に「SPORE」に興味を持った点も、この各ステージに分類されたうちの細胞ステージと宇宙ステージの部分です。

クリーチャーステージや集落ステージ、文明ステージは動物や人間の進化を想定したものでしょうから、ある程度想像がつくのですが、生命が誕生して細胞が進化していく段階というのは、ちょっと私には想像がつかない世界です。

また、宇宙ステージも今の人類の大部分が体験していない領域ですから、まったくわからない世界です。

こういう世界は、ゲームでシミュレーションして空想してみるしか、理解する方法がないので、「SPORE」というのはとても意義のあるゲームのような気がします。

細胞フェーズについては、SPOREのサイトでサンプルムービーを見ることができますが、とても幻想的で美しい映像です。太古の時代を思わせる不思議なクリーチャーたちが水中を動き回る姿には思わず心を奪われたというとちょっと大げさですが、一瞬どきっとするような感覚がしました。

また、ペットが飼いたいけど飼えないというような人にも、いいゲームかもしれません。

ずいぶん前に、「AFTERMAN」という未来世界の地球上の動物を空想で描いた一種の絵本話題になったことがありましたが、ふとそのことを思い出しました。

それと、「SPORE」にはクリーチャー クリエイター 無料体験版が配布されているので、興味のある方はまず無料体験版を試してみるのがいいかと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

北斗の拳のオンラインゲーム「北斗の拳ONLINE」が登場! [ゲーム]

北斗の拳」といえば、発表されてから20年以上にもなるのに、根強い人気のある漫画です。

私自身が「北斗の拳」で印象に残っている思い出といえば、家にあった「北斗の拳」のマンガ本を古本屋に持っていったら結構いい値段で売れたことでした。

北斗の拳」は絵が好きだったので、十数年前くらいに安かった単行本を買い集めて、時々眺めて昔を懐かしんだりしていました。

そしたら、数年前、古本屋の買取のチラシでずいぶんいい値段がついていたので、試しに売ってみたら、買った時より高い値段で売れたのでびっくりしました。

古本の買取は一冊10円のケースも多い中、改めて「北斗の拳」の人気の根強さがわかりました。

北斗の拳」は見るからに絵がこってりと書き込んであるので、ぱっと見た感じが豪華なのが、いいところです。

漫画本だけでなく、アニメも面白かったし、クリスタルキングの歌うテーマ曲はいまだに忘れられません。

そして、ついに、その「北斗の拳」がオンラインゲームになって登場しました。

名前を「北斗の拳ONLINE」といいます。

漫画、アニメとくれば、次は当然ゲームということになりますが、世紀末の世界を舞台にしたサバイバルアクションRPGということで、あのどこか荒涼とした雰囲気がたまらない「北斗の拳」の世界が、どのくらい再現されているのか興味が尽きません。

とにかく、一度「北斗の拳ONLINE」のWebサイトに飛んで、内容を確認してみて下さい。
nice!(0)  コメント(0) 

私が好きな無料ゲームとエムゲームのMMORPG『風林火山』について [ゲーム]

私がこれまでした事のあるゲームの中で印象深いものが、今、無料でプレイすることができます。

そのゲームとは、タイトーの「スペースインベーダー」です。

今、「スペースインベーダー」はYahoo!ゲームで体験版を無料でプレイすることができるのです。

「スペースインベーダー」といえば、30年ほど前に一世を風靡した、誰でも知っているゲームですが、こうやって無料でやってみると、改めて、シンプルだけどとても面白く作られたゲームだということがわかりました。

昔、ゲームセンターを席巻していたゲームが、こうやってPCで気軽にできるようになると、やっぱりいいゲームは年月を経ても面白いもので、こういう形で再復活するかつての名作ゲームも、これからどんどん出てくることでしょう。

個人的には、ビデオゲームというと、「スペースインベーダー」から爆発的ブームが始まった、という印象があります。

「スペースインベーダー」の話題はこれくらいにして、新作ゲームについてのニュースが一つあります。

それが、MMMORPG「風林火山」です。


エムゲームの「風林火山」は、7月11日から永久無料でプレイできるのが特徴となっている、話題のゲームです。

そして、「風林火山」の概要は以下のようなものとなっています。

風林火山の住人からのさまざまな依頼クエストにより、大きな力を秘めた宝具を手に入れて、怪物退治、偵察、護衛などの任務をこなしながら、世界から失われた力を取り戻していく、というストーリー展開』

風林火山」の美しいグラフィックと、豊富なキャラや凝ったストーリーは、ある意味、「スペースインベーダー」などとは対極にあるゲームかもしれませんが、どちらも、味わいのあるゲームです。
nice!(0)  コメント(0) 

MMO(多人数同時参加型)オンラインRPG「ミュー 奇蹟の大地」が基本料金プレイ無料化を開始! [ゲーム]


世界100以上のエリアで展開され、約5,600万人がプレイするMMO(多人数同時参加型)オンラインRPG(ロールプレイングゲーム)、「ミュー 奇蹟の大地」が無料で遊べるオンラインゲームとして、2007年3月8日に基本料金プレイ無料化を開始しました。

超古代文明を舞台にしたミューの世界で、自分のスタイルで敵を倒しながらゲームを進めていくものです。

ミュー 奇蹟の大地」は、マウス操作で簡単に遊べるプレイ内容で、なおかつ無料で遊ぶことができます。

話は変わって、私が最近やっていたオンラインゲームは、今日紹介した「ミュー 奇蹟の大地」とは全然ジャンルが違うんですが、楽天将棋とオセロです。

これは、同じく楽天のビンゴゲームを昔やっていて、オンラインゲームをやると番号が倍もらえる、ということからゲームをやりはじめました。

オセロの方はまあまあ面白い、という程度の感覚だったんですが、将棋には結構はまりました。

ただ、オセロと違い、将棋は白熱したゲーム展開になってくると、なかなか終わらずに時間がえらくかかってしまい、終わった後は、かなり疲れてしまったりしたので、最近はあまりやっていません。

ちょうど自分と同じ位のレベルの人とやっていると、ゲームは白熱した面白い展開になるのはいいのですが、知らない人とやっていて、途中で止めるとは言い辛いものです。

知らない人とオンラインゲームをするのはどきどきして面白いのですが、あまり相手に不愉快な気持ちにさせないよう、余裕のある時にやったほうがいいな、とつくづく思いました。

自分の話はこれくらいにして、オンラインのRPGは、少し前からRMT(リアルマネートレード)のようなサービスが出てきて、一層ゲームのやり方に幅が出てきています。

RMTには不正利用などもあって批判も結構ありますが、こういうサービスもないとゲームをやっていても張り合いがないでしょうから、個人的にはRMTなどはいいサービスだと思っています。

とにかく、基本料金無料でプレイできるMMOオンラインRPG「ミュー 奇蹟の大地」のサイトを一度訪問して、そのゲーム内容を確認してみて下さい。


ハンゲームから新登場のMMORPG「アミーゴ・アミーガ」 [ゲーム]


これまでにしたことのあるゲームで一番印象に残っているのは、私の場合、パチスロの実機シミュレーションゲームです。サミーなんかから出ているパチスロ必勝法みたいなものが多かったです。

なぜなら、実際にパチンコ、パチスロ店に置いてある機種がシミュレーションできるわけですから、家でゲームをやりながらリーチパターンなんかを研究したりして、それから、パチンコ店へ、ということをよくやっていましたが、結果はあまりいいものではなかったです。

やはり店のパチンコは最終的には負けるようにできているので、ゲームでやっている方がお金がかからないので、精神的にも経済的にも健康的です。

話は変わって、今日紹介するゲームは、上で言ったパチスロゲームとはかなり趣の異なるものですが、ハンゲームより新登場したMMORPG(多人数同時参加型オンラインゲーム)、「アミーゴ・アミーガ」です。

と、言われても、何のことかよくわからない、と思われる方もいると思うので説明しておきます。

ストーリーは、道具が命を持った国、エストレヤでの出来事です。命を持った道具たちは、人間の最も親しい友達として、アミーゴと呼ばれていました。

そして、ゲームはあなた自身が、ボロボロに傷ついたアミーゴを救うところからはじまります。アミーゴをたくさん味方につければ、頼もしい味方となります。友達になりたがっているサインを発しているアミーゴを見つけたら、どんどん味方につけていけばいいわけです。

モンスターと出会ったら、戦闘がはじまりますが、ここはアミーゴたちと力を合わせてモンスターを倒すために闘います。

少し恥ずかしがりでほのぼのとしたアミーゴたちと楽しいコミュニケーションをしながら、ストーリーが進んでいく、MMORPGタイプのこのゲームに興味を持たれた方は、一度こちらのサイトを訪問してみて下さい→アミーゴ・アミーガ

・「アミーゴ・アミーガ」をプレイするには下記の要件が必要ですので注意して下さい。

アミーゴ・アミーガインストーラーのダウンロード
・ハンゲームIDとパスワード


RPGアニメ「RPG伝説ヘポイ」がDVDBOXとしてで登場! [ゲーム]


冒険・アドベンチャーに関する小説で印象に残っているものを一つ挙げるとすれば、私の場合ウィリアム・ゴールディング著「蝿の王」という小説になります。

この小説は近年、映画化されましたし、著者もノーベル文学賞を取ったので、割と知っている方も多いと思いますが、冒険小説と考えても面白い小説だと思います。

小説を読んでいて、あれほどどきどきしたのは、後にも先にもこの「蝿の王」くらいのものです。そういう意味で深く印象に残る小説です。

ストーリーは、米国陸軍幼年学校の生徒たちが無人島に不時着するところからはじまります。大人がいないので、少年たちだけで自給自足の生活がはじまるのですが、規律正しい生活を説く初期のリーダーの少年がだんだんグループの中で浮いてきます。

徐々に、暴力と恐怖でグループを支配する一人の少年リーダーが頭角を現し、勢力を伸ばしていきます。

そして、ついに、暴力派の少年グループは、攻撃を開始し、規律正しい計画的な生活を主張するグループの少年たちは、一人ひとり殺されていきます。

最後に、正義派のリーダー格の少年が独りぼっちになり、なおも命を狙われて、一人で無人島を逃げ回ります。

その後の展開については、本を読んでいただきたいのですが、とにかく迫力のある小説です。本の嫌いな人にもおすすめできる小説だと思います。

話は変わって、冒険といえば、TX系で1990年10月~1991年9月まで放映された、ファンタジーRPGアニメ、「RPG(ロープレ)伝説ヘポイ」のDVDBOX発売が決定しました。

RPG伝説ヘポイ」はRPGの王道とも言われています。

あらすじを簡単に紹介しておきます。

舞台設定は、魔王ドラクネスによって、悪が支配するようになってしまった‘ファンタGランド’でのストーリーです。

拾われた‘勇者へポリスのマント’から作られたヘポイはぬいぐるみです。

勇者の剣によって伝説の勇者に選ばれたヘポイは、王族の王子リュート・妖精のミーヤと共に世界を救うべく立ち上がります。ドラクネスに対抗できる唯一の力が「聖機神軍」です。

そして、ヘポイ達は、世界中に封印されている聖機神(キャッスル)たちを復活させる旅に出ました。

ストーリーは以上です。

ファンタジーRPGのアニメとしていまだに人気のある、「RPG伝説ヘポイ」のサイトを一度のぞいてみて下さい。


緊急ニュース!4月スタート・スクエニの「コンチェルトゲート」のクローズドβテスターは今日2/20締切! [ゲーム]

「スクエニ」ことスクウェア・エニックスの最新作がハンゲームから登場します。

  
http://www.hangame.co.jp/event/link.asp?preblo_con1

コンチェルトゲート」という名のオンラインロールプレイングゲーム(RPG)です。

2007年4月からスタートのゲームなんですが、このゲームに関して、緊急ニュースがあります。

現在、この「コンチェルトゲート」のクローズドβテスターを募集しているのですが、締切がなんと今日、2007年2月20日なんです!

もしテスターになりたい人は即、下記リンクを見て応募して下さい。
http://www.hangame.co.jp/event/link.asp?preblo_con1

「コンチェルトゲート」はある架空の王国で、落ちこぼれの勇者候補が、少女とともにゲームを進めていくという設定で、ほのぼのとしたキャラクター設定、ゲーム展開となっています。

ファンタジー的要素を重視し、簡単に誰でも遊べ、なおかつ奥が深いというゲームになっています。

これまで、オンラインゲームをしたことがない人でも、安心して遊べるゲーム内容です。

また、「コンチェルトゲート」のBGMは、前作「クロスゲート」のBGMも手がけた伊藤賢治氏が担当しているのもポイントです。

4月のオープンまで待てない人は下記リンクからサイトをチェックしてみて下さい。
http://www.hangame.co.jp/event/link.asp?preblo_con1


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。