So-net無料ブログ作成

「MUFGカード」の新たなラインナップ [マネー]


三菱UFJニコスのクレジットカードといえば、日本で最もポピュラーなカードの一つといえるでしょう。

そして、一口に三菱UFJニコスのクレジットカードといっても、用途に応じて様々な種類のカードがあります。

そんな三菱UFJニコスの新たなブランド「MUFGカード」にまた新たなラインナップが加わりました。

新登場したのは、MUFGカード・アメリカン・エキスプレス(R)・カードで、下記のようなラインナップがあります。


「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」

「MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」

「MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」

ステータスのあることで知られるアメリカン・エキスプレスのカードが、安めの年会費で作ることができます。

特に注目しているのが「MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」で、このカードは入会条件を20代に限定していて、なんと学生の方でも作ることができます。

また年会費の方も、若い人向けということからか、かなり低めに設定されています。

アメックスのカードならば、他のサービスとは一味違ったメリットを体験することができるでしょう。

20代の人には、アメックスのカードを体験する格好のチャンスなので、これを機会に「MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」を一枚作ってみるのもいいのではないかと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

外為オンラインがFX業界2007年度年間取引高No.1を記念して「外為の泉に願いを!キャンペーン」開催中! [マネー]


FX(外国為替証拠金取引)の会社、外為オンラインが、2007年度年間取引高No.1に輝いたことを記念して、「外為の泉に願いを!キャンペーン」を開催しています。

「外為の泉に願いを!キャンペーン」とは、「あなたの一番の夢」を30文字以内で書いてWebサイトから応募すれば、応募された夢の中から、上限1,000万円相当額までの複数名の夢を実現する、というものです。

このキャンペーンはなんといっても、夢の内容が30文字以内ということで、応募が簡単なのがいいところです。

ですから、あまり考え込まなくとも、普段から実現したいと思っていることをそのまま書けばいいと思います。

それに、賞品の額が大きいので、懸賞好きな人には注目のキャンペーンです。

キャンペーン期間は、2008年10月1日(水)~2008年12月15日(月)となっています。

そして、当選発表は、2009年1月上旬(予定)となっています。

外為オンラインといえば、一般の人には、女性ファッション雑誌「CanCam」の専属モデルの西山茉希(にしやままき)さんをイメージキャラクターに起用していることで、よく知られていると思います。

西山茉希さんの爽やかなイメージは、本当に好感度が高いといつも思います。

それだけでなく、外為オンラインは、FXを実際にやっている人からは、最高水準の取引コストの安さで知られています。

しかし、FXの取引コストといってもやっていない人には、さっぱりわからないと思います。

私もFXの口座を作るまでは、手数料無料のFX会社の運営がなぜ成り立つのか、さっぱりわかりませんでした。

そこで、FXの取引コストについて、簡単に解説しておきます。

現在では、多くのFX会社は手数料が無料となっていますので、FX業者は通貨の買値と売値の差であるスプレッドを主な収益源としているケースが多いと思われます。。

スプレッドについて簡単に説明すると、たとえばドル/円なら、
【売り105.70 買い105.72】
という具合に、同時に必ず二つの値段が提示されていて、売りで入るのと買いで入るのとは同じ時間でも値段が違います。

この値段の差のことをスプレッドというわけです。

そして、このスプレッドは、今はドル/円で2銭くらいのところが多いのですが、問題は、2銭といってもいつも固定しているわけではなく、3銭になったり、4銭になったりと相場の状況によってスプレッドが開く業者が多いのです。

しかし、外為オンラインはドル/円でスプレッド1銭固定(2008年10月現在)となっています。もちろん相場の激変時には、時にはスプレッドが開くこともあるでしょうが、基本的に外為オンラインは通常時は、ドル/円スプレッド1銭固定となっています。

これは、1日に激しいトレードを繰り返すデイトレーダーの方などには、安心して取引できる、心強いシステムだと思います。

これが、外為オンラインを年間取引高No.1に押し上げた最大の要因ではないか、と個人的に思っています。

また、デイトレーダーというと特殊な世界のように聞こえるかもしれませんが、今では、専業主婦の方なども、1日に数十回の取引を行う人もいくらでもいます。

というのも、FXでは100倍、200倍のレバレッジがかけられるので、1万ドルの売買注文でも、レバレッジ100倍なら、今のレート(2008年10月)ならおよそ1万円くらいで、買いでも売りでもポジションが取れるので、とても小額からFXは始めることができるからです。

そして、FXは特に女性の方に人気のある投資サービスだと思います。

おそらく、小額から始められるのと、FX取引は早朝でも昼間でも夜中でも世界中で24時間行われているので、土日以外ならいつでもトレードできる、という点が人気の理由ではないか、と思います。

そういうわけで、FXや外為オンラインに興味を持たれた方はサイトを一度アクセスしてみて下さい。
nice!(0)  コメント(0) 

外貨預金「夏のキャンペーン」シティバンクが実施中! [マネー]

日本では、低金利がずっと続いていますが、海外に目を向ければ、高金利となっている国はたくさんあります。

そこで、近年、高金利通貨に投資するのが、ちょっとしたブームとなっています。

日本人に特に人気があるのは、オセアニア通貨とよばれる、オーストラリアドル(豪ドル)やニュージーランドドル(NZドル)などです。

豪ドルの政策金利は08/07/16現在で、7.25%、NZドルで8.25%という高金利です。

そして、これらの高金利通貨に投資するには、一般的に外貨預金を利用するか、FXのサービスを利用することとなります。

最近、FX(外国為替証拠金取引)が家庭の主婦などにも大変なブームとなり、一部の人からは、FXに比べて外貨預金は手数料が高すぎる、という批判の声も聞こえてきたりします。

しかし、外貨預金というのはあくまでも金利を得ることが狙いであって、トレードがメインのFX(外国為替証拠金取引)とは種類の違うものです。

FXの手数料が安いのは、激しくトレードを繰り返す人がたくさんいるからであって、もしみんなが金利狙いに走ってトレードをしなくなれば、今の手数料は維持できないと思います。

その点、外貨預金は預金であって、じっと寝かせておくのが普通でしょうから、落ち着いて金利が貯まっていくのを見ていればいいわけです。

また、FXは口座を開くのに審査が必要ですが、その辺も少し面倒なところです。

そういう点から考えても、外貨預金の方が気楽にはじめられるような気もします。

そして、現在、シティバンクが夏のキャンペーン中で、期間内なら、為替手数料が割引になります。

また、シティバンクには、円資金から対象通貨・期間の外貨定期預金をはじめると、初回満期日まで基準金利にさらに金利が上乗せされる「エンジョイプラス」というサービスも提供されています。

ですから、夏のキャンペーン中に対象通貨・期間の外貨定期預金をはじめると、とてもメリットが大きいものとなります。

それに、シティバンクには「eセービング」というネット口座があって、この口座なら、口座維持手数料無料、シティバンクATMなら24時間手数料無料、ネットでの申込みから最短5営業日で口座開設、という特徴があります。

ですから、外貨預金に興味のある方は、まず、シティバンクの「eセービング」口座を作ってみて、そこから、外貨預金についてじっくり検討してみるのもいいのではないでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 

シティバンクのネットバンク口座「eセービング」は海外でメリット大・口座維持手数料も無料! [マネー]

私がネットバンクの口座を作ったきっかけは、というと、振り込みなどでいちいち銀行に行って手続きするのが面倒だな、と以前から思っていたので、ネットをやるようになってから間もなく、ネットバンクの口座を作りました。

銀行に行く時間が節約できれば、という気持ちで口座を作ったのですが、他にも、ATMの手数料が無料だったり、振り込み手数料も安かったりと、メリットがいろいろあり、今では、銀行の用事はほとんどネットバンクを利用して済ませています。

オンラインでお金をやり取りするのは、慣れると本当に便利で、メリットは大きいとつくづく実感しています。

しかし、一口にネットバンクといってもいろいろありますが、ちょっと変わったところでは、外資系の銀行、シティバンク銀行が「eセービング」というオンライン口座のサービスをはじめています。


「eセービング」のサービス内容はほとんど他のネットバンクと同じですが、以下で簡単に、シティバンクの「eセービング」の特徴を説明しておきます。

まず、「eセービング」は、口座維持手数料が無料です。これなら、安心して口座を作ることができます。

そして、シティバンクのATMなら24時間365日手数料が無料で利用できます。

それと、「eセービング」の最大のメリットと思えるのが、海外で利用ができることです。

「eセービング」口座なら、世界165以上の国と地域でCD/ATMから現地通貨を引き出すことができます。

これは、ワールドワイドでサービスを展開しているシティバンクならではのサービスといえるでしょう。

その他にも、「eセービング」口座は申し込んでから、とても短期間でカードを発行してくれたりするのですが、詳しくは、下記リンクより、シティバンク銀行の「eセービング」のページにアクセスしてみて下さい。
ネットバンク


シティバンクの口座維持手数料無料オンライン専用円普通預金口座「eセービング」について [マネー]

私が銀行口座を作る時にチェックする、いくつかのポイントがあります。

まず第一のポイントは、口座維持手数料が無料、ということです。

これは現在では普通のことになってきました。ネットバンクなどでも、たいていのところは口座維持手数料は無料になっています。

次の条件としては、ATMが無料で使えることです。このサービスについては、各銀行により、また、時間帯によってもサービス内容はまちまちですから、口座を作る前によく調べておく必要があります。

その他、投資信託や外貨預金などのサービスも付いてくるような銀行もよくあるのですが、この辺はまだあまり活用していないので、よくわかりません。今のところは、振り込みや支払い用に銀行の口座を活用しています。

そして、最近、また一つ、ちょっと口座を作りたくなるような新しいサービスを、シティバンクが始めました。

それが、シティバンクの提供するオンライン専用の円普通預金口座「eセービング」です。


eセービング」で口座を開設するメリットとしては、まず、口座維持手数料が無料ということです。また、シティバンクのATMの利用については24時間無料です。

そして、私が「eセービング」口座の最大のメリットだと思うのは、海外において、世界165以上の国と地域、提携先ネットワークの約100万台のCD/ATMで、eセービングの口座から現地通貨で預金の引出しができる、そして、シティバンクおよび海外の提携ネットワークのCD/ATMなら、24時間365日いつでも引出しや残高照会ができる、ということです。

海外の銀行では、そう簡単に外国人には口座が作れないケースがあるようなので、外資系で世界的な銀行であるシティバンクに口座を持っていれば、いざという時に、きっと助かることもあるでしょう。

現在では、誰でもハワイや台湾くらいなら旅行に行ったり、仕事の関係で行ったりする機会もあることと思います。

そういう時に、口座維持手数料無料のシティバンク「eセービング」を開設していれば、メリットもいろいろとあると思われます。

それと、eセービングは、口座開設からバンキングカードの発行までの時間もとてもスピーディなのもちょっとうれしい特徴です。もちろん申し込みはいちいち店頭に行かず、ネットだけで可能です。

このように、世界中でサービスを展開しているシティバンクの口座が口座維持手数料無料で開設できるのは、消費者にとって、とてもメリットのあるサービスだと思います。


新生銀行がプレゼントがもらえるご紹介キャンペーン実施中! [マネー]


ネットバンクにもいろいろな銀行がありますが、いまのところ、ネット銀行でサービスNO.1では、と個人的に思っているのが、新生銀行です。

というのも、新生銀行では他のネット銀行にはない、さまざまなサービスを利用者に提供しているからです。

その新生銀行のサービスについて、いくつか紹介していきましょう。

ちなみに、当記事での新生銀行の口座とは、総合口座のパワーフレックス口座のことを指します。

まず、新生銀行の最大の特徴は、銀行の振込手数料が他行宛であっても、月一定回数までは、無料だということです。

ただ、振込無料の回数については、預金残高等で違いがありますし、2007年11月1日以降に回数が少し変更になるようです。

しかし、誰でも、新生銀行のパワーフレックス口座を持っているだけで、2007年11月1日以降においても、月3回までは他行振込手数料が無料となります。

月3回あれば、ネットでの買い物などたいていの用は、普通の人なら充分こなせるでしょう。

また、新生銀行の口座への振込はもちろん無料となっています。

この、他行宛振込手数料月一定回数無料というのが、他のネットバンクの追随を許さない新生銀行の最強のサービスだと個人的には思っています。

このサービス目当てで新生銀行の口座を開設した人も多いのではないでしょうか。

次に、セブン銀行のATMでの引き出し、預け入れとも24時間365日無料となっています。これで、ほとんど日本全国で、お金を引き出すのに苦労もなく、無料でお金が出し入れできます。

正直な話、ネットとセブン銀行のATMがあれば、銀行関係の用事はほとんど済んでしまうので、新生銀行の口座を作ってから、一般銀行の支店などには長らく足を踏み入れていません。

そして、キャッシュカードの色が32色から選べるというのも、見逃せないポイントです。


銀行のカードは銀色とか似たようなカードが多いので、間違いそうになることがよくありますが、新生銀行のキャッシュカードなら、32色から自分の好きな色がどれか見つかると思います。

ちなみに、私は、スタンダードなブルーにしておきました。


(*カードが斜めから写っているのは、フラッシュの反射光を避けるためで、実物はもちろん長方形のカードです)

そして、現在、新生銀行では、ご紹介キャンペーンを開催中です。

これは、新生銀行のパワーフレックス口座をすでに持っている人が、まだパワーフレックス口座を持っていない知り合い等に紹介して新規開設してもらって、一定の条件を満たせば、プレゼントとして、一定の金額がもらえるものです。

このご紹介キャンペーン参加の要件としては

・新生銀行パワーフレックス口座を持っていること

・ご紹介カードを、紹介を受ける方(家族・友人等)に渡すこと

・パワーフレックス円普通預金口座残高が 2007年11月30日(金)時点で30万円以上あること

・紹介を受ける方(家族・友人等)が下記のキャンペーン条件のいずれかを満たしていること
Aコース
【口座開設+円普通預金残高】 2007年11月30日(金)時点で、円普通預金に30万円以上の残高がある
Bコース
【口座開設+対象商品をお申し込み】 2007年9月10日(月)9:00~11月30日(金)21:00までに、対象商品を合計100万円以上お申し込み

これらの要件を満たせば、Aコースで、1人紹介あたり1,000円(最大10人)、Bコースで1人紹介あたり3,000円(最大10人)がプレゼントされます。

ただし、ご紹介する方のキャンペーン期間は下記の通りとなるので注意が必要です

ご紹介カードの発行   2007年9月10日(月)9:00~10月31日(水)21:00
円普通預金の残高判定  2007年11月30日(金)時点
※円普通預金の残高判定は、2007年11月30日(金)21:00~24:00に行われる予定です。

そして、ご紹介を受ける方にも、下記の要件を満たしていればプレゼントがあります。

・2007年10月31日(水)までに新規で本人名義のパワーフレックス口座を開設すること

・口座開設時に20歳以上であること

・口座開設時にご紹介カードを提出すること

・下記の条件のいずれかを満たしていること
Aコース
【口座開設+円普通預金残高】 2007年11月30日(金)時点で、円普通預金に30万円以上の残高がある
Bコース
【口座開設+対象商品をお申し込み】 2007年9月10日(月)9:00~11月30日(金)21:00までに、対象商品を合計100万円以上お申し込み

プレゼントの金額は、下記の通りです。

Aコース   1,000円

Bコース   申し込み金額に応じて、2,000-10,000円

そして、ご紹介を受ける方にもキャンペーン期間があるので、注意が必要です。

口座開設  2007年9月10日(月)~10月31日(水)まで
お取引  2007年9月10日(月)9:00~11月30日(金)21:00まで
円普通預金の残高判定  2007年11月30日(金)時点
※円普通預金の残高判定は、2007年11月30日(金)21:00~24:00に行われる予定です。

このような特典がありますから、家族で新生銀行のパワーフレックス口座を持っていない人がいたら、この機会にご紹介キャンペーンを利用してみるのも、いいかも、と思います。


ソニーバンクの口座を2007/05/11~2007/07/25までに作ればe-Coupon500ポイントゲットのチャンス [マネー]

ソニーバンクで口座を2007/05/11~2007/07/25までに作ればe-Couponが500ポイントもらえるキャンペーンをやっています。

ただし、So-net会員限定なんだけど、So-net会員は無料で誰でもなれるから、興味のある人はどうぞ。
http://www.so-net.ne.jp/finance/sonybank.html

ついこの前にソニーバンクの口座作ったところなので、ちょっと残念。


マネックス証券なら買った株をマネックス証券に貸して金利がもらえる! [マネー]

今日のおすすめは 夜間取引や貸株サービスで金利ゲットなど、新サービス満載のマネックス証券
http://www.monex.co.jp/

マネックス証券といえば、ネットユーザーなら名前くらいは聞いたことがあるでしょうが、そのサービス内容については、まだあまり知らない人も多いんじゃないでしょうか。

実はマネックス証券には、初めて聞く人にはびっくりするような、得するサービスがいくつもあります。それらをこれから紹介していきたいと思います。


株式ミニ投資(ミニ株)は、通常の1/10の単位から取引できます。銘柄によっては1万円で買えるものもあります。手数料は一約定500円(税込)均一です。これは業界最低水準だそうです。
http://www.monex.co.jp/Etc/00000000/guest/G3200/mini/index.htm


(夜間取引)マネックスナイターとは、17:30~23:59に株の売買ができる仕組みです。これで、仕事が終わってからも株が買えます。また、株の価格は原則として取引所の当日終値の一本値ですから、わかりやすいです。チャンス銘柄なら最大7%ディスカウントのチャンスもあります。現在、夜間取引手数料0円キャンペーンを開催中で、2006年9月15日から12月28日の間に発注し約定したナイター注文の手数料が0円になります(通常500円)。
http://www.monex.co.jp/AboutUs/00000000/guest/G800/new/news609d.htm

貸株サービスとは、マネックスに預けている株式をマネックスに貸出すことにより金利がもらえるサービスです。このサービスを行っているのはマネックスだけだそうです。このサービスについては、あとで詳しく説明します。
http://www.monex.co.jp/AboutUs/00000000/guest/G800/new/news610a.htm

株速ポケットとは、携帯電話向けリアルタイム株価自動更新サービスです。世界初だそうです。利用できるのは、auのEZwebのBREW(R)2.1以上搭載の端末のみとなります。念のために記しておきますが、普通の株価チェックや売買注文はどの会社の携帯電話からでも可能です。
http://www.monex.co.jp/Etc/00000000/guest/G100/srv/kabusoku.htm

マネックス株スタートキャンペーンでは、簡単なクイズに答えると、フォルクスワーゲン「ニュービートル カブリオレ」が1名に、ニンテンドーDSで使えるコナミ「株式売買トレーナー カブトレ」が100名に当たります。
http://www.monex.co.jp/AboutUs/00000000/guest/G800/new/vwbeetle.htm

これらのサービスの中から、貸株サービスについて、少し説明していきましょう。

まず、金利についてですが、貸株金利は、貸株市場の動向その他の要因により、毎月、見直しを行います。

そして、毎月20日までに翌月1ヶ月分の貸株金利を発表します。

現在は、2006年12月まで「貸株金利」を0.5%に設定されています。

これは、銀行なんかにお金を預けているよりよっぽどいい金利です。長期保有が目的の人にはうれしいサービスではないでしょうか。

また、配当金相当額を受け取ることができます。これは当然ですね。

貸出中でもいつでも売却・出庫ができます。これも当然ですね。

株主優待を受けるには、「株主優待自動取得サービス」に申し込んでおけば、受けることができます。

ただし、信用取引口座を開設している場合は、貸株サービスは利用できません。

このマネックス証券だけの貸株サービスというのは、株にあまり興味のないような人でもメリットのあるシステムだと思われます。

また、マネックス証券では、株だけでなく、債券などの金融商品も販売しています。当然リスクはありますが、銀行などよりかなり高い金利で運用できるので、興味のある方は下記のマネックス証券トップページより調べてみて下さい。
http://www.monex.co.jp


第9回ノムラ資産管理フェアいよいよ開催 [マネー]

第9回ノムラ資産管理フェア開催のお知らせ

この数年来多数の入場者を集めたノムラ資産管理フェアが今年も開催されます。例年、東京・大阪・名古屋で開催されるイベントです。
http://www.nomura.co.jp/introduc/csr/sisan_fest_2006_tokyo.html?banner_id=y20061102

このノムラ資産管理フェアとは何をするところなのか、これから説明していきたいと思います。

まず、全80コースもの資産管理セミナーが開催されます。予約不要なので興味のあるセミナーにどんどん参加できます。

この資産管理セミナーには世界の著名な運用会社、保険会社全13社が出展します。会社名は、

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社
JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社

などとなります。

また、約90社の上場企業による投資家向け情報コーナーで、企業のIR情報を直接得ることができます。

株主優待コーナーでは株主優待について、実施企業の紹介や優待品の展示などが行われます。

海津政信(野村證券 経営役 金融経済研究所長)による株式講演会、「今後の経済展望と株式市場」が行われます。入場は先着順となります。

会場でアンケートに参加して回答すると、5万円分のJTB旅行券を10名に、1万円分のJTB旅行券を30名に、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTMスタジオ・パスをペアで50組100名に、ハウステンボス入場券付きホテルヨーロッパ・ペア宿泊券を7組14名、これらが抽選で当たります。

最後にイベントの具体的な情報を記しておきます。

イベント名:第9回ノムラ資産管理フェア
開催日時 :2006年12月1日(金)・2日(土) 10:30~18:30
場所   :東京国際フォーラム (JR/地下鉄「有楽町」駅すぐ)
入場料  :無料
該当ホームページ 
http://www.nomura.co.jp/introduc/csr/sisan_fest_2006_tokyo.html?banner_id=y20061102


金利年6.5~12.0%ソニーバンクのカードローン、実は年収低くても申し込めるんですよ! [マネー]

今日のおすすめは ソニー銀行のカードローン

ソニー銀行といえば、いつもネットバンクの顧客満足度調査などでトップランクに位置する銀行ですが、非常に低金利で利用できるカードローンもソニー銀行のサービスの中に含まれていることは、意外に知られていないのではないでしょうか。

ソニー銀行のサイトをのぞいてみれば、その金利の安さには驚きます。年6.5~12.0%となっています。クレジットカードでお金を借りるのと比べれば半分くらいの金利ではないでしょうか。

そして、利用限度額が高くなるにつれて金利が安くなります。具体的に説明しましょう。利用限度額が10万円なら金利は12.00%、100万円なら10.00%、300万円なら6.50%となっています。

ただし、利用限度額に応じて年収条件があって、限度額が高いほど審査も厳しくなります。

でも、申し込みの最低条件は前年度の年収(自営業の方は申告所得)が50万円以上、と非常に低いものとなっています。これなら、普通に生活している人ならたいていは申し込めるでしょう。ただし、審査に必ず通るかどうかは保証できませんが。

学生でも限度額が10万円のコースに申し込めるくらいなので、いざというときのために申し込んでおけば、後になって役に立つことがあるかもしれません。

カードローンも申し込みは、ソニーバンクの口座開設の申し込みと同時にできるようになっています。

今クレジットカードでお金を借りている人も、ソニーバンクでカードを作って、カードローンで借り替えれば、相当なお金の節約になります。

興味を持たれた方は下記リンクよりどうぞ。
http://moneykit.net/visitor/promo/promo_cl/promo_cl01.html


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。