So-net無料ブログ作成
モバイル・携帯電話 ブログトップ

ウィルコムがかなり得する2大キャンペーンを実施! [モバイル・携帯電話]


携帯電話のウィルコムが、かなり得する2大キャンペーンを実施しています。

まず一つ目は、「ウィルコムもっとなかよしご紹介キャンペーン」といって、期間は2009年4月10日(金)~6月30日(火)までとなっています。

ウィルコムもっとなかよしご紹介キャンペーン」の内容は、現在すでにウィルコムに加入している人が、知り合いや家族の人たちなどにウィルコムを紹介して、知り合いや家族の人たちなどがウィルコムにW-VALUE SELECTで新規加入すれば、紹介した人も紹介された人もそれぞれ1,000円分のQUOカードがもらえる、というキャンペーンとなっています。

さらに、紹介した人の数が多ければ多いほど、ボーナス特典で、さらに多くのQUOカードがもらえます。

もう一つのキャンペーンは「Catch!WILLCOMキャンペーン」といって、キャンペーン期間は2009年4月1日(水)~5月31日(日)までとなっています。

この「Catch!WILLCOMキャンペーン」の内容は、2009年5月31日(日)までに29歳以下の人がウィルコムに新規加入すると、通常2,835円かかる契約事務手数料が無料になるという、簡単で得するキャンペーンです。

特に、「Catch!WILLCOMキャンペーン」の方は、指定期間内に29歳以下の人がウィルコムに新規加入する、というだけのシンプルな条件で2,835円が節約できるわけですから、携帯のチェンジを考えている人や、新規でどこかに加入したいと考えている人には、ちょうどいいキャンペーンです。

もし、私にラッキーにも3千円がプレゼントされたら、どうするかと考えてみると、このラッキーな収入で買いたいものを買っちゃいます。

ちょうど今、欲しいのが温度調節付きのオーブントースターです。

今自宅にあるオーブントースターは火力が強すぎてパンや餅を焼くと焦げることも多いので、温度調節付きのオーブントースターが欲しい、と思うのですが、とりあえず、オーブントースターを持っているので、なかなか買う気にもならず、他のものをつい買ってしまいます。

温度調節付きのオーブントースターは、安いものだと3千円くらいであるのですが、キャンペーンでもらった収入ならば他のものに目が行かずに買えると思います。

今回のWILLCOMのような得するキャンペーンは、普段からチェックしておくと、かなり家計が節約できると思います。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

毎日使えるクーポンが魅力の「ドコモプレミアクラブ」の「プレミアメッセージR」 [モバイル・携帯電話]


ドコモを利用している人が利用できる会員サービス「ドコモプレミアクラブ」では、「プレミアメッセージR」というサービスに登録すると、いろいろな特典をゲットすることができます。

その「プレミアメッセージR」の魅力を簡単に説明すると、まず、毎日使えるクーポンをもらうことができます。

このクーポンは日本全国にチェーン店があるファーストフードのお店やレストラン、エンターテイメント施設、百貨店、ネットショッピング、博物館などで使えるものです。

ファーストフードのお店などは誰でも知っているような有名ショップばかりですから、もらったクーポンは、たいていどこかで利用する機会があると思います。

とにかく、日本中で使える店舗がかなりあるので、外出時にこのクーポンがあれば、かなり得することができると思います。

この使える店舗が多いというのは、見逃せない大きなメリットといえるでしょう。

それに、「プレミアメッセージR」で届く限定クーポンもあります。

また、アンケートに答えることによりポイントを増やしていくことができます。また買い物や旅行などでもポイントを増やすことができます。このポイントは、ドコモ商品の割引や産地直送ギフトやドコモオリジナルグッズと交換することができます。

ですから、また、docomoの携帯電話を使っているのに、まだ「プレミアメッセージR」に登録していない人はこの機会に登録しておけば、普段の生活でメリットが大きく広がります。

現在、「プレミアメッセージRでポイントGET!キャンペーン」も実施中なので、興味のある方は一度サイトで確認してみて下さい。
nice!(0)  コメント(0) 

ウィルコムが「I=PHS」というキャンペーンを実施中! [モバイル・携帯電話]


ウィルコムが現在、「I=PHS ウィルコムはこれからもPHS」というキャンペーンを展開しています。

このキャンペーンのサイトでは、2,900円のウィルコム定額プランでは、メール送受信が無料になることや、CDとほぼ同じ圧縮技術を使用しているため、高音質なこと、またウィルコムの電話機は低磁波なので、人体や医療機関への影響が少なく、全国3,000以上の医療機関に導入されていること、などが告知されています。

今回のシンプルなキャンペーンではすごくわかりやすく、低価格でいろいろなことができるウィルコムの機能をまとめて表現していると思います。

携帯の世界も昨年暮から新たに企業が参入したり、無線LANを使ったサービスが話題なったりと、サービス競争が激化している中で、ウィルコムには頑張って欲しい、と思います。

と、いうのも、日本の携帯電話は料金が高いと、各方面から批判の声が最近高まり、政府でも携帯電話の制度を見なおす動きが出ていますが、PHSのウィルコムが頑張ることにより、競争が促進されれば、ユーザーに利益があるからです。

また、今回のウィルコムのキャンペーンカラーは黒となっています。キャンペーンサイトも黒の背景色に文字や写真が浮き上がる形となっています。

携帯というのは、やはり黒色というのは結構ポピュラーな色なんでしょうか。それともかなり昔、固定電話機が黒色だった頃のイメージが残っているのでしょうか。ちなみに、私の携帯電話の色も同じく黒色です。

なぜ黒の携帯を買ったかといえば、ただ単に黒のほうが、Webサイトの写真などで見たらシャープな感じに見えただけのことで、別にこれといった理由はなく、他の色でも別によかったです。

ただ携帯で黒色というのは、無難な色のような気がします。色選びで迷ったらとりあえず黒を選んでおけば、そんなに安っぽい感じもしないし、まあ安全な選択といえるのではないでしょうか。

このように、他の携帯メーカーとは違って、PHS路線を貫くウィルコムはこれからもまだまだユーザーの利益になるサービスが期待できそうです。一度下記リンクよりサイトを訪問して、サービスの数々を確認してみて下さい。
ウィルコム


電子読書端末Words Gear「ワーズギア」は片手のみで操作・動画、音楽もOK [モバイル・携帯電話]

携帯版電子ブックの決定版といえるものを今日は紹介します。

その名をWords Gear「ワーズギア」というもので、片手で操作できるコンパクトなボディの中にいろいろなことができる機能が搭載されています。

その多彩な機能を簡単にいうと次のようなものになります。

1.読書

2.音楽、動画再生

3.写真等画像再生

4.自分で作ったファイルの閲覧(※オプションソフト近日発売予定)

と電子ブックというより、多機能型マルチプレーヤーと言ってもいいようなさまざまな機能が満載されています。

液晶サイズは5.6インチ、1024×600ピクセルとなっています。また、コンテンツやファイルはSDカードで保存することができます。

そして冒頭で言ったように、片手で持って片手で操作することができます。

ワーズギア」で読む電子書籍は下記で購入することができます。
http://www.saidoku.com/

このワーズギアをどういうシーンで使うかといえば、私ならやはり電車、バス、飛行機等の交通機関の中にいる時です。

特に新幹線の中などでちょうどいい時間つぶしになると思います。

もちろん、満員電車の中でもワーズギアは片手で動かせるわけですから、これを使えば通勤、通学の電車の中が非常に有意義なものとなります。

大きさが、幅105mm×高さ150.6mm×奥行28.4(最薄部18.4) mm(突起部除く)とコンパクトですから、ポケットの中などに常時放り込んでおいて、何かあったらすぐ使うという利用法もいいと思います。

それに、ワーズギアを使うと部屋の中に本がたまらないのもいいところです。本は油断するとすぐに積みあがってものすごいスペースを占領してしまいます。

ワーズギアなら、メモリーに保存した本を眺めればいいわけですから、狭い部屋に住んでいる方にもメリットの多い読書端末です。


多機能モバイルW-ZERO3はこう使う [モバイル・携帯電話]


W-ZERO3の便利な使い方について考えてみると、私なら、W-ZERO3が一番威力を発揮するのは旅行の時だと思います。

旅行に行った時、どのくらいの頻度でW-ZERO3を使うか、順を追ってシミュレーションしてみましょう。

鉄道旅行する時、遅刻しないように早めに家を出ておきます。ターミナル駅に着いて時間が余っても、W-ZERO3があれば大丈夫です。

ターミナル駅なら、たいていは無線LANが使えますから、ネットサーフィンをやっていればすぐに時間は過ぎます。

電車の中で無線LANが使えるかどうかは、状況によりますが、使えるなら引き続きネットサーフィン、使えないなら、エディタでブログの文章の下書きや調べ物をしたり、W-ZERO3に入れておいた旅行のプランやデータを確認したりします。無線LANが使えなくてもネットにアクセスできますが、スピードが少し落ちるので、私はやめておきます。

目的地の駅に到着すれば、これから会う予定の人に、W-ZERO3で電話をかけておくか、メールでも打って到着を知らせておきます。

そして、用事が済んだら、携帯でブログの文章をアップロードします。W-ZERO3があれば、毎日書いているブログのことも心配ありません。片手でも両手でも、携帯でブログをさっと更新できます。

W-ZERO3にはminiSDカードスロットもあり、Windows Media Player10により、音楽や動画ファイルも再生できますから、宿に着いてもW-ZERO3が離せません。

このように、コンパクトな本体にW-ZERO3はさまざまな機能を詰め込んでいます。

ここで少し、W-ZERO3シリーズの説明をしておきましょう。

W-ZERO3[es]は、無線LANは使えませんが、それ以外はほとんど他の機種と同じような性能で、OSはWindows Mobile 5.0を搭載しています。

入力は「ダイヤルキー」と「スライド式キーボード」の二種類をサポートしています。タッチパネルオペレーションで付属のスタイラスペンによる画面タッチ操作ができます。

音楽や動画も、「Windows Media Player 10 Mobile」を搭載していますから、当然鑑賞できます。

画素数131万画素のCMOSカメラも搭載、3サイズの静止画と、WMV形式での動画撮影も可能です。

またUSB接続により、さまざまなものと接続可能です。

W-ZERO3[es]は、無線LANが無いといっても当然、Web接続はできます。

これまで「W-ZERO3 es」は、ウィルコムストアで \28,800 (税込価格)でしたが、\19,800 (税込価格)になったそうです。前から興味のあった方には購入のチャンスです。

W-ZERO3(WS003SH)は、機能的にはW-ZERO3[es]と似ていますが、無線LANを搭載しているところと、少し大型なのが相違点でしょうか。

W-ZERO3(WS004SH)は、W-ZERO3(WS003SH)が本体メモリが128MBに対して256MBに倍増しています。また、英和・和英・国語辞典も収録しています。その他はW-ZERO3(WS003SH)とほとんど同じです。

これらW-ZERO3シリーズは、ネット上にある「ウィルコムストア」で購入することができます。

W-ZERO3シリーズに興味を持たれた方は、下記リンクよりウィルコムストアを訪問してみて下さい。
https://store.willcom-inc.com/ec/faces/index.jsp


携帯電話とモバイルPCの融合を実現-ウィルコムのW-ZERO3シリーズ [モバイル・携帯電話]

今日のおすすめは 通話、メール、インターネットができるウィルコムのW-ZERO3シリーズ

ウィルコムのW-ZERO3シリーズは通話、メールだけでなく、インターネットもパソコンと同じように利用できる製品です。

 

http://www.willcom-inc.com/go/ad_wzero3/index.html

持ち運びできて、電話もかけられるパソコンと考えてもいいかもしれません。

W-ZERO3シリーズにはW-ZERO3[es] 、W-ZERO3(WS003SH) 、W-ZERO3(WS004SH)という3種類のモデルがあります。

W-ZERO3[es]はコンパクトなモデルで、ウィルコムストアで購入すれば、ウィルコム定額プランとデータ定額への申し込みで、これまで 29,800円(税抜価格)だったのが、19,800円 (税抜価格)とウィルコムは大幅なプライスダウンを実現しています。

W-ZERO3(WS003SH)はW-ZERO3シリーズの基本的なモデルです。無線LANが搭載されています。

W-ZERO3(WS004SH)は(WS003SH)の上位モデルでメモリーが128MBから256MBに増量しているのと、電子辞書が搭載されています。

ウィルコムの3種類の「W-ZERO3」の中で、私が使いたいモデルはW-ZERO3(WS003SH) です。

W-ZERO3(WS003SH)の上位機種の(WS004SH)に関しては、メモリーは128Mあれば充分でしょうし、電子辞書も自分はたぶん使わないから今のところ、私の場合は選択肢にはありません。

そういうわけでこの3機種の中でどれか、といえばW-ZERO3(WS003SH)を推すことになります。

W-ZERO3(WS003SH)を選んだ具体的理由はやはり、無線LANがついているからです。やっぱり、パソコンでのインターネット接続に慣れているので、似たような環境の無線LAN接続だと落ち着きます。

携帯電話やPHSからのWebなどへの接続は、ちょっと私にはよくわからないところがあります。モバイルでのネットアクセスの経験があまりないからです。

ただ、無線LANはまだアクセスポイントの整備が遅れているので、接続できない場所が結構あります。

そういう時には携帯電話やPHSからのアクセスが威力を発揮します。

こういう点から考えると、無線LANとPHSと両方の接続が選択して利用できるというのは、W-ZERO3が非常にユーザーの利便性を考えて作られたものである、ということがわかります。

W-ZERO3(WS003SH)を購入した場合に想定する利用シーンは、私の場合、電話をPHSからかけるのと、無線LANからSkypeでかけるのと使い分けする、ということです。

もう一つ、Webアクセスについての利用シーンを想定してみます。

電車やバスの中でWebアクセスするのに、まさかノートパソコンを開くわけにはいきませんが、W-ZERO3なら手のひらに載せて使用できますから、こちょこちょと電車やバス内で作業できるでしょう。

通勤で1日往復2時間かかるとすれば、1年間では相当な量の作業が通勤の電車内でできます。仕事じゃなく、個人のWebサイト作成は通勤や通学の電車の中で、というのもいいですね。

このようにさまざまなシーンで個人の生活を豊かにするウィルコムのW-ZERO3シリーズに興味のある方は下記リンクよりサイトを訪問してみてください。
 http://www.willcom-inc.com/go/ad_wzero3/index.html


モバイル・携帯電話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。